記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUNSLINGER GIRL 

今回紹介する漫画はこちらになります~(´∀`*)
※ネタバレが多少含まれます。

今回紹介する漫画は『GUNSLINGER GIRL』です。
GUNSLINGER GIRL(1) (電撃コミックス)GUNSLINGER GIRL(1) (電撃コミックス)
(2014/05/01)
相田 裕

商品詳細を見る
GUNSLINGER GIRL(15) (電撃コミックス)GUNSLINGER GIRL(15) (電撃コミックス)
(2012/12/15)
相田 裕

商品詳細を見る

15巻で完結です。
知ってる人は知ってる有名なコア漫画ですね、『GUNSLINGER GIRL』(ガンスリンガー・ガール)は、アスキー・メディアワークスの雑誌『月刊コミック電撃大王』に連載された、相田裕の漫画。または、これを原作とするテレビアニメ・ドラマCD・コンピュータゲーム作品。略称ガンスリ。アニメ化1期、2期、OVAと出ております。

では軽く内容の紹介に入ります。
「少女に与えられたのは、大きな銃と小さな幸せ。」 単行本1巻帯

物語の舞台は架空の現代イタリアを中心としたヨーロッパ。イタリアは国内に地域間対立や思想対立を抱え、テロや暗殺などの暴力が絶えなかった。イタリア政府・首相府は、表向きには障害者への様々な支援を行う組織として公益法人「社会福祉公社」を設立する。しかしその実態は、身体に障害を持った少女たちを集め、身体の改造と洗脳を行い、反政府組織に対する暗殺をはじめとした超法規的活動を行わせる闇の面を持った組織だった。少女たちは、「義体」と呼ばれる人工の肉体と引き換えに、時に危険すら顧みられることなく銃を手に戦う運命を背負わされた。

では好きな所の紹介をちょっと、9巻で、最初の義体少女アンジェリカの死とその後までを描いたものですが単行本の帯と1本目の話である45話の扉には

「むかしむかし、パスタの好きな女の子がいました」
と書かれている。
013.jpg
当然これはアンジェの事なので
「むかしむかし、パスタの好きな女の子がいました(でも、もういません)」
という意味になる。そしてこの言葉は二重の意味を持っている。義体化される前のアンジェはパスタが好きだったがその後パスタを好んでいる描写は特に無い。パスタ好きの少女は義体化された時に一度死んでいるのだ。そして義体化の過程で担当官であるマルコーやその仲間が創作して語った「パスタの国の王子様」というお話も今のアンジェは忘れている。つまり「むかしむかし、パスタの(国の王子様というお話が)好きな女の子がいました(でも、もういません)」
という訳だ。アンジェはもう2回も死んでいるのだ。思えば2巻で初登場した時からすでにアンジェには死の影が見えている。7巻分の時間を経て描かれる緩慢な死。これほどゆっくりとした死をかかれたキャラも珍しいのではないか。個人的に、テロリストとの戦闘に人体実験というハードなテーマを扱いつつゆったりとした時の流れを見せる作者の手腕はなかなかの物だと思う。
054.jpg

あと、アンジェが危篤状態に陥った時マルコーは彼女の事を「亡霊」と呼ぶところがまた面白い。アンジェ=天使(Angel)が亡霊。天使も亡霊も実際には存在しない物だが信じた物だけが見ることが出来る。アンジェを天使にするか亡霊にするかはマルコーの気持ち次第という訳だ。
福祉公社と呼ばれる福祉団体は、重い障害で親に見捨てられたり、
親が殺され自らも重傷を負った少女を引き取っている。
079.jpg
ただ福祉団体というのは表向きの姿。
実は引き取った少女は身体の欠損している部分を義体で補い、
薬で「条件付け」と呼ばれる洗脳を施して
要人暗殺やテロリスト(レジスタンス)殲滅に使っている。
120.jpg
少女1人につき担当官の男が1人つく。
このペアを「フラテッロ(兄妹)」と呼ぶ。
「条件付け」によって少女は「兄」に恋心や憧れを抱き、従順になる。
121.jpg
10・11話はある一組のフラテッロの話。
「妹」の少女は、親に保険金をかけられ、事故を装い、親の車に引かれて重傷を負った。
しかし福祉公社に引き取られ、義体を与えられて一命を取り留める。
少女の「兄」になるのは内務省の治安機関をクビにされ、福祉公社に拾われた男だった。
122.jpg
男は、条件付けの注射のとき少女の気を紛らわせようと語り始める。
「むかしむかしあるところにパスタの国がありました…」
少女はこの話を気に入り、注射の度に男に続きをせがんだ。
しかし、この話は男の作り話だったため、男一人ではネタもすぐ尽きてしまう。
男は同僚に頼み、一緒におとぎ話の続きを考え、少女に語り続けた。
そうしているうちに少女と男、同僚たちの間に絆が芽生えていった。
物語はパスタ王子がピッツァ姫を助けて終わり、
少女の義体も戦闘用に改装され訓練も順調に進んでいた。
ある日、少女と男が射撃訓練をしていると、
同僚の女性が話しかけてきた。女性の顔には酷いあざがあった。
どうやら上司と格闘技訓練をしているときについたらしい。
どちらかというと頭脳派の彼女だが、
130.jpg

鍛えていて損はないでしょ?力は可能性なの」と笑った。


by安  ★★★★★ 
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

ブログパーツ




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

プロフィール

fukuyama

Author:fukuyama
スズメです。


fukuyama
 「うにー!」
わっち
 「はい、私は丙提督です」

 「土日は更新するよおお!」


3人で更新しています?。

更新頻度は気まぐれで。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村

↑クリックしてくれると更新率があがります(必死)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

オススメ記事?

1日1回クリックよろしく

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。