記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アライブ 最終進化的少年


今回紹介する漫画はこちらになります~(´・ω・`)
※ネタバレが多少含まれます。


今回紹介する漫画は『アライブ 最終進化的少年』です。
アライブ 最終進化的少年(3)アライブ 最終進化的少年(3)
(2014/02/28)
あだちとか、河島正 他

商品詳細を見る
アライブ 最終進化的少年(21) <完> (月刊マガジンコミックス)アライブ 最終進化的少年(21) <完> (月刊マガジンコミックス)
(2010/05/17)
あだち とか

商品詳細を見る

あだちとかは、日本の漫画家。キャラクター画担当の安達(あだち・12月14日山形県村山市生まれ)と、背景画担当の渡嘉敷(とかしき・11月28日沖縄県那覇市生まれ)からなる女性2人組。代表作は『ノラガミ』(原作:河島正)。
作品リスト、アライブ-最終進化的少年-(原作:河島正、月刊少年マガジン 2003年 - 2010年3月号、全21巻)
一時アニメ化が計画された

ノラガミ(月刊少年マガジン 2011年1月号 - 連載中)2014年1月よりTVアニメ化。

では軽く内容の紹介に入ります。
高校生の叶太輔(かのう・たいすけ)は、親代わりの姉・陽子(ようこ)と二人暮らし。親友の広瀬雄一(ひろせ・ゆういち)をイジメから救い、幼なじみの落合恵(おちあい・めぐみ)とはケンカばかり。そんな平穏な毎日が、突如沸き起こった全世界規模の集団自殺騒動“悪夢の1週間”を契機に、音もなく崩れはじめた! 学校の屋上で起こった4人の惨殺事件。犯人は広瀬? 警察の勾留が解かれ学校に戻ってきた広瀬は、まるで別人となっていた――。生と死をわかつものは何? 話題の超能力SFストーリー!!
ALIVE_01_003.jpg
こちらの作者さんはノラガミが有名ですね。それに絵がとても綺麗です、とにかくそれが最大の特長。
ただ他の方のレビューにもあるように、確かにストーリーと絵柄は合っていない気がします。連載開始当初は個性的で目を引くような設定がとても良く、引き込まれるようにして読んでいたのですが、途中からただの能力バトルものになっちゃいましたね。それでも第一部はそのシンプルさが読みやすく、なかなか良質の少年漫画だと思います。
ALIVE_01_061.jpg

第二部になるともうよくわからんです。若干置き去りにされてました。その割に、ラブコメ部分とか日常のまったりコメディとか、コミックス巻末のおまけ4コマとか、なんかストーリー本筋以外の部分がやたら面白く感じる妙な作品です。
以下、ちょっとした感想。
これらは個人的好みの問題なので評価対象にはしてないですが、読んでいて気になってしまいました。
・ 操作(=洗脳)の能力を持った重要な登場人物が出てきます。
相手に触れるだけで、即座に、簡単に、ほぼ絶対的に、思考を操ることができるみたいです。本当に好みの問題になりますが、こういう強力な洗脳キャラが出てくると興ざめしてしまいます。だって何でもありになっちゃうじゃないですか。作品のリアリティが一気に崩れてしまう気がします。主人公に触れればその時点で試合終了ですからね。
・ この作品では「死への羨望」(と、そこからの克服)が重要なキーワード。
でも自分の考えでは、死は羨むべきものでも、憧れるものでも、到達点でもなく、少なくとも、死んでいった人を羨ましいとは思わないです。それを推されても、ちょっと……ね。もちろん、最終的なテーマは arrive であり alive であるわけですが、少年漫画なんだから、全国の青少年に死を肯定するような描き方をしちゃいかんですよ。
image014.jpg
それにしても、やっぱり絵が素敵。サスペンスにしては絵にちょっと白い部分が多いですが、それでもすごくマッチしそうな気がします。忘れるわけでもなく、楽になるわけでもないが、大体のことは時間が埋めてくれる―心の傷を癒してくれる―ね。なんかもう、ただの人生だな…それも、本当にリアルな方の。現実的な方の。思いっきりフィクションやってからの現実的な話だから、何だかあっさりしてる感は否めない。そしてナミも―葵も―新たな恋愛していいと思うんだ流石に。リアルな現実的な話をするならば。ずっと読者は見てきたわけで、まあ少しは納得できない所もあるが、現実的な話を描いたんだから、そこも現実的にして良いと思う。過去の傷は時間が埋めてくれるんだから。
image120.jpg
でも自分はこういう終わり方も好きです。ただやはり不完全燃焼感は否めません。w

by安
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

プロフィール

fukuyama

Author:fukuyama
スズメです。


fukuyama
 「うにー!」
わっち
 「はい、私は丙提督です」

 「土日は更新するよおお!」


3人で更新しています?。

更新頻度は気まぐれで。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村

↑クリックしてくれると更新率があがります(必死)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

オススメ記事?

1日1回クリックよろしく

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。