記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと気になる未解決事件1

今回は日本で起きた未解決事件の中でも気になった事件のお話でもしようか

井の頭公園バラバラ殺人事件

平成6年4月23日、東京都三鷹市の井の頭公園で男性のバラバラ遺体が発見された。第一発見者は、公園の清掃員の女性でゴミ箱から半透明のビニール袋を取り出した際、生ゴミであれば猫の餌にしようと同僚の男性と袋を開けたところ、男性の足首が出てきた。警視庁捜査一課と三鷹署の捜査本部は現場を捜索。やがて同公園の池を中心にしたゴミ箱から27個の遺体の断片を発見した。いずれも半透明のビニール袋に入っていた。だが、遺体は手足と胸の一部だけで頭部と胴体の大部分は発見されなかった。このため、身元の確認は難航が予想されたが意外にも3日後に身元が判明した。

被害者は公園の近くに住む建築士・川村誠一さん(当時35歳)で、川村さんは21日の夜、会社の元同僚と新宿駅で別れたのを最後に行方不明になっていた。このため、川村さんの妻が捜索願いを三鷹署に届けていた。警察は遺体の指紋を照合し一致したため川村さんであることが確認された。通常、バラバラ殺人は怨恨など顔見知りの場合が殆どである。このため捜査本部は妻を始め会社関係、交友関係、近所などあらゆる角度で徹底的に調査したが手掛かりは掴めなかった。

-不可思議な遺体の断片-
バラバラ遺体が発見された4月23日、捜査本部は杏林大学病院の佐藤喜宣教授に司法解剖を依頼した。その結果、実に不可思議な事実が判明した。佐藤教授の説明によると、発見された遺体は両手足と右胸の一部分で、体全体の3分の1程度で20キログラムであったという。驚くのは、この遺体は全て定規で測ったように20センチで切断されていた。さらに太さも揃えられ、肉の厚い部分は筋肉を削ぐなどして均一に調整されていた。要するに27個の遺体は長さと内径が均一に切断されていたという。

過去のバラバラ殺人事件では必ずと言っていいほど関節部を中心に切断している。この方法が最も切断し易いからだ。ところが、川村さんの遺体は20センチの部分で全て切断されていた。さらに、完全に血を抜いており一滴も残っていなかった。血を完全に抜くのはある程度の医療知識が必要であるが、それよりも一般家庭の浴槽では間に合わないほどの大量の水が必要と言う。さらに犯人は、指先の指紋を剥ぎ取っていた(もっとも完全ではなく、残っていた一部分から指紋を検出し川村さんと断定するに至っている)。さらに生活反応は見られなかったため、例えば自動車事故などに巻き込まれたとは考えられなかった。

元同僚と新宿駅で別れて、井の頭公園で遺体が発見されるまでの34時間、川村さんの身に何が起こったのか?警察の懸命な捜査も虚しく、いまだに未解決事件となっている。現在は、捜査一課も手を引き、三鷹署が通常業務の中で細々と捜査をしている状況となっている。


身元の確認は難航が予想されたが3日後に公園の近くに住む建築士・川村誠一さん(35)と判明した。川村さんは21日の夜、会社の元同僚と新宿駅で別れたのを最後に行方不明になっていたため捜索願が出されていた。驚くことに遺体は全て定規で測ったように20センチで切断されていて太さも揃えられ肉の厚い部分は筋肉を削ぐなどして均一に調整されていた。要するに27個の遺体は長さと内径が均一に切断されていたという。血は一滴も残っていなかったという。
この手際にまず特徴がある。体の組織の深い部分にある血液は、ただしぼり取るだけでは抜くことは出来ない。一滴も残さずに血を抜き取る事が出来る者は、ごく限られているという。深い部分の血を抜く事のできる知識と技術を持っているのは、医療関係者など、一部の人たちだ、それよりも一般家庭の浴槽では間に合わないほどの大量の水が必要と言う
。さらに犯人は、指先の指紋を剥ぎ取っていた(残っていた一部分から指紋を検出し川村さんと断定するに至っている)。遺体の切断の仕方にも特徴がある。いきなりノコギリで切断をした場所があったり、鋭利な刃物で肉を切り、骨を出してから切っている場所がある。切り方も、ノコギリで骨を完全に切っている場所があったり、途中まで切って折っている所もある。
切断の仕方に、少なくとも3つのパターンがあるというのである。これは複数の犯行を思わせる特徴である。
また、成人男性の血液を抜き取り、バラバラの遺体を洗うのには、一般家庭の風呂場などでは、とうてい水の量が足りないという。どこか大量に水が使え、複数の人間が動けるような広い施設が必要なのである。こうした事から、事件はマインドコントロールを受けた、どこかのカルト教団信者の犯行ではないかとの憶測が出た事もある。生活反応は見られなかったため、例えば自動車事故などに巻き込まれたとは考えられなかった。

またこれは特殊らしく
アメリカのプロファィリングの人が完全犯罪の練習とかいう説や、医療関係の袋の結び方とかすべて完璧であり死体をバラバラにするときにも途中で学習しながらしている節がある。
血を全部抜き採るでけでも十分怖いけど更に遺体のサイズをゴミ箱のサイズに全てカットと計量されているのもまた怖い。






続いて
「黒猫事件~窓から大きな黒猫事件」
佐賀 女性鍼灸師殺人事件 

【事件概要】
2000年(平成12年)3月21日午前2時ごろ、佐賀県佐賀市の佐賀市消防本部西分署に119番通報が入る。
佐賀市鍋島の女性鍼灸師・Tさん(当時35歳)宅の長女(当時9歳)からの通報は、
「お母さんが血を流して倒れている。猫にかまれたみたいだ」という異様な内容だった。
救急隊員が駆けつけるが、2階にいる長女は怖がって1階に降りて玄関の鍵を開けることができず、
隊員は止む無くハシゴを使って2階に上がる。するとそこには血を流したTさんの姿があった。
Tさんは布団の上で仰向けに倒れ、首から血を流しており既に死亡していた。
首には切り傷があり、1階の勝手口は開いていたが室内に物色した形跡は無く凶器も見つかっていない。
2階の寝室で隣に寝ていた長女の話では、ガサガサした物音で目が覚めたという。
長女は前日夜21時ごろ就寝したが、Tさんはまだ起きていて、何時に寝たかは分からないと言う。
Tさんは夫と死別した後長女と2人暮らし。弱視だが日常生活に支障は無く、鍼灸師をしていた。
県警は佐賀署に捜査本部を設置。長女から女性捜査官が話を聞いているが動揺が激しく、詳しい話を聞けていない状態だという。
【犯人逮捕】
2000年(平成12年)7月7日、佐賀県警は佐賀市内で3月に発生した女性鍼灸師Tさん殺人事件で、
小城町の無職(元保険代理店経営)、手島哲也(当時34歳)=詐欺、有印私文書偽造などの罪で起訴=
を殺人の容疑で再逮捕した。
手島容疑者は生命保険会社の契約社員をしていた当時、Tさんの生命保険契約をした。
Tさんから預かっていた印鑑と保険証券を使って契約者貸付申込書を作成、
保険会社から約480万円を借り保険契約も勝手に解約して、合計約700万円を騙し取っていた。
その発覚を恐れた手島容疑者は、3月21日の午前1時50分ごろTさん宅に侵入し、
長女の隣で寝ていたTさんの首を刃渡り12.2cmのアウトドアナイフで刺した。凶器は小城町の川に捨てたと供述している。
手島容疑者は目が不自由なTさんの買い物の送り迎えなどの世話をしていたという。

この事件は犯人が逮捕されていますが幼い娘が「猫がお母さんを殺した」と証言した後、この事件はぷっつりと報道されなくなってしまった点や場所について「山口県」「佐賀県佐賀市鍋島」などがある。ちなみに鍋島は「鍋島藩猫騒動」いわゆる「化け猫騒動」があった場所なんどであり「お母さんが猫に殺された」という証言も謎ですが、突然報道されなくなったというのが不気味。
img_5.jpg


ブログパーツ

by安
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

全記事(数)表示

全タイトルを表示

プロフィール

fukuyama

Author:fukuyama
スズメです。


fukuyama
 「うにー!」
わっち
 「はい、私は丙提督です」

 「土日は更新するよおお!」


3人で更新しています?。

更新頻度は気まぐれで。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 社会不適合者日記へ
にほんブログ村

↑クリックしてくれると更新率があがります(必死)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

オススメ記事?

1日1回クリックよろしく

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。